HOME > 投資家の皆様へ > インディアナ州の産業経済

インディアナ州の産業経済

アメリカ製造業の中心地

  • インディアナ州は、3社の日系自動車メーカーが進出している唯一の州である。スバルのアメリカ唯一の組み立て工場、トヨタのアメリカ第2位規模の自動車組み立て工場、それにホンダの最新の自動車組み立て工場である。
  • インディアナ州には、19か所の認可テクノロジー・パークがあり、革新技術を有する新興企業をサポートしている。
  • インディアナ州は、雇用数および生産工場数が全米でトップレベルで、製造業が盛んな州である。
  • インディアナ州は、工業が盛んな州のなかでも製造業の生産性が全米トップである。
  • インディアナ州は、日系企業による雇用者数が人口当たり全米トップである。
  • インディアナ州は、海外直接投資による新規雇用創生数が人口当たりの数で全米トップである。
  • インディアナ州は、日系企業の直接投資による雇用が全米第3位である。
  • インディアナ州の業務コストは、労働力、エネルギー、税制の有利さによって、全米6位の低さである。
  • インディアナ州の製造業労働力の18%は、海外企業によって雇用されている。
  • インディアナ州は、製造業のビジネス環境でA評価を受けた全米わずか6州のうちのひとつである。
  • インディアナ州には、海外直接投資による海外企業が700社以上あり、そのうちの260社以上が日系企業である。
  • インディアナ州は、風力発電量がもっとも急成長を遂げている州であり、工業の盛んなアメリカ中西部で最大規模の風力発電所がある。

▲このページのTOPへ戻る