HOME > 滞在のための手続き

滞在のための手続き

インディアナ州滞在のための必要な手続き

旅券法第16条によって、外国に住所または居所を定め、3ヶ月以上滞在する場合は、所轄の在外公館に在留届を提出することが義務付けられています。在留届を怠ると、緊急事態や事件・事故などで在外公館の保護・援助を受けられないことがあります。手続きは、在留届の用紙を領事館へ請求し、必要事項を記入の上提出します。なお、インディアナ州の場合は、下記のシカゴ領事館への提出となります。

在シカゴ日本国総領事館

Consulate General of Japan
Olympia Center #1100
737 North Michigan Avenue
Chicago, IL 60611
U.S.A.
Tel: (312) 280-0400 Fax: (312) 280-9568
土曜・日曜・祝祭日を除く毎日
午前9時15分〜午後5時 但し、12時15分〜1時15分は昼休み
URL: http://www.chicago.us.emb-japan.go.jp/indexjp.html

Social Security Numberの取得

Social Security Numberとは納税者番号のことです。銀行口座の開設、自動車免許証の取得、納税申告などさまざまな場合に必要となります。 Social Security Numberの取得に必要な書類は、申請書、パスポート、ビザ・ステータスのオリジナル書類で、Social Security事務所で手続きをおこいます。近くのSocial Security Numberの取得先は下記のアドレスから検索できます。

Social Security Administration:

http://www.insiderpages.com/store_finder/find/social_security_administration

運転免許証の取得

日本で免許を取得している人は、米国の運転免許証を取得しなくても国際運転免許証を取得することで一年間は運転することができます。国際運転免許証はそれ自体が免許証ではなく、日本の免許証が国際的に通用するという証明書なので、常に日本の免許証と併せて持っている必要があります。ただし、長期間インディアナ州に滞在される方、その家族、留学生はインディアナ州の運転免許証を取得する必要があります。

国際免許証は1年間の有効期間がありますが、インディアナ州では3カ月以上居住する人は、国際免許でなく現地の免許証に切り替えるべきと考えられています。しかし、国際免許証自体には入国日が記載されていなくて、うやむやになっているのが現状です。警察官に免許証とパスポートの提示を求められた際、問題が発生することが予想されますので、長期滞在の方は3カ月以内に現地の免許証への切り替えをお勧めします。そのためには、国際運転免許証、日本の運転免許証、パスポート、Social Security Cardを自動車事務局に提出し、視力、筆記、運転技能試験に合格しなくてはなりません。

日本の免許証がなくインディアナ州で初めて免許証を取得する場合、16才以上であれば取得できます。パスポート(ビザ)(Social Security Card)を提出し、筆記試験を受けて仮免許証を取得した後、各自運転練習を行い、運転技能試験に合格した後に免許証の発行を受けます。

ちなみに、自国で何年も運転をしていても、アメリカで免許取得が初めての方は、筆記試験を受け、60日間の仮免期間を経て、免許を取得することになっています。仮免期間は必ず免許所持している方が同乗していることが義務付けられています。しかし、国際免許証を所持していれば、同乗者の必要はありません。

お問い合わせ先: Indiana Bureau of Motor Vehicles(インディアナ自動車管理局)

100 N. Senate Avenue
Indianapolis, IN 46204
TEL: 317-233-6000

アメリカの運転免許についてのホームページ

http://www.newcomersguideusa.com/drvlicense.html

▲このページのTOPへ戻る